ハンドドリップコーヒーに必要なものをまとめてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人の手で淹れたコーヒーって美味しいですよね。もちろんコーヒーメーカーでも美味しいコーヒーは飲めるんですが、自分で一杯ずつドリップして、ひと手間かけて淹れたコーヒーは格別です。

今日は、コーヒーが好きで自分でも淹れてみたいけど、やり方や必要なものが分からない!という方向けに、初心者でも手軽においしく淹れられる方法や必要なもの、予算などをまとめてみました。

※ここでは、家電のコーヒーメーカーで淹れるコーヒーではなく、自分でお湯を注いで淹れるハンドドリップコーヒーについて解説します。


スポンサードリンク

必須なもの

マグカップ

これがないとコーヒーが飲めないですね^^;お気に入りのものを使いましょう。スタバっぽいタンブラーなんかもオシャレでいいと思います。

コーヒー

価格:100g(10杯)あたり¥150~¥600くらい

これも「わかるわ!」って言われそうですが、買うときに注意した方がいいこともありますので書いておきます。

豆ではなく粉

ドリップする(お湯を注ぐ)時には、挽いて粉末状になっているものにお湯を注ぎます。コーヒー豆は見た目も香りも良いので何となく憧れるんですが、豆の状態で買うと細かくするためのグラインダーという道具が必要になるので、資金と手間が増えます。

そのため、最初は豆の状態ではなく、挽いて粉末状になっている状態のものを買うのが良いと思います。

インスタントコーヒーと間違えない

はい、これは昔の僕です(笑)コーヒーに興味はあるものの何も知らなかったので、スーパーでなんとなく見たことのあるインスタントコーヒー(お湯に溶かして飲むタイプのコーヒー)を買って、それをコーヒーマシンに入れて大惨事になったことがあります・・・^^;

ビンに入っている粉状のコーヒーは、だいたいお湯を注ぐタイプのインスタントコーヒーです。紙にパックされているものは普通のコーヒーであることが多いので、そちらを選ぶようにしましょう。

専門店がおすすめ

デパートの地下なんかに行くと、ショーケースにコーヒー豆がズラリと並んでいる専門店がありますね。コーヒーの事を何も知らないとなんとなく躊躇してしまいがちですが、初めて買う人でもそういった専門店で買うことをおすすめします。

コーヒーに詳しくなくても、たいていの場合「苦味:★★★☆、酸味:★☆☆☆」みたいな感じで味が説明されているので分かりやすいですし、店員さんに好みの味などを相談すると大抵は親切に教えてくれます。

購入する豆が決まったら、挽いて粉状にしてもらうのを忘れずに。その際、粉の細かさをどうするか聞かれることもありますが、ハンドドリップの場合は中くらいの粗さでいいと思います。

一度に買う豆の量は?

コーヒー豆は100g単位で売っていることが多いです。一度に買うコーヒー豆の量ですが、コーヒー豆は時間が経つにつれて香りや風味が失われていくので(特に粉の場合は)、初めてコーヒー豆を買う場合や、その豆を買うのが初めての場合は、100g(10杯いかないくらい)でいいと思います。僕のように週末2~3杯、平日はたまに飲む程度の人は200g、毎日飲む人は300g~500gといったところでしょうか。

フィルター

価格:100枚¥100~¥200前後

扇形で、茶色い紙タイプの物が多いです。意外と忘れがちですが、これがないとコーヒーが淹れられないので必ず買っておきましょう。大きさは一度に淹れる量によって変わりますが、1~2杯であれば一番小さいものでOKです。まぁ大きさを間違えても何とかなるのでそこまで気にしなくて大丈夫です。

フィルターはスーパーやコーヒーが売っているところにはだいたい売っています。どれも100~300円くらいで買えるのですが、豆やお湯が直接触れるものですので、どこが作っているのかよくわからない100円ショップの物よりも、スーパーやコーヒー店で購入した方が安心かな~と個人的には思います。

※選ぶドリッパーの種類によっては、紙のフィルターが不要なものもあります。詳しくはドリッパーの項目で説明します。

ドリッパー

価格:¥300前後~

挽いたコーヒー豆を入れて、お湯を注ぐための道具です。機能はシンプルなので基本的にどれを選んでもOKですが、ハンドドリップコーヒーのシンボル的なアイテムなので、見た目重視で選んでも楽しいと思います。

何を選んだらいいか分からない場合は、カリタのプラスチック製のドリッパーあたりが安くて使いやすいので無難かと思います。

KINTOのドリッパーなど、ステンレス製の洗えるフィルターとセットになっているものもあります。これを選べば紙のフィルターが不要になるので、ランニングコストを少しでも安くしたい人は、そちらを選ぶのもいいと思います。

紙のフィルターを使う場合は、コーヒーを淹れた後にフィルターごとポイッと捨てられるので、個人的には紙のフィルターを使う方が好みですね。

ちなみに、僕は「torch」というブランドのドーナツドリッパーを愛用しています。木のリングと白磁気のデザインがオシャレで、とても気に入っています。

ケトル(ポット)

価格:¥1,500前後~

お湯を注ぐための道具です。ドリップケトルと呼んだり、コーヒーポットやコーヒードリップポットとも呼ばれているみたいです。

注ぎ口が細いものを選ぼう

やかんやティファール等の電気ケトルでお湯を沸かして直接お湯を注ぐのは手っ取り早くて楽なのですが、注ぎ口が細くなっていないと注ぐお湯の量がコントロールしずらいため、あまりおすすめしません。お湯を沸かしたら、ドリップ用のケトルに移してからコーヒーにお湯を注ぎましょう。

百貨店などへ行くと色々な種類のドリップケトルが売っています。ブランドや素材によって値段もピンキリ(高いものは1万円以上したりする)ですが、注ぎ口が細くなっていればドリップするのに問題ないので、見た目の好みで選んで良いと思います。

電気ケトルタイプ

BRUNOやバルミューダのケトルなど、ドリップ用に注ぎ口が細くなっている電気ケトルもあります。お湯を沸かした後、そのままドリップできるので楽なのですが、注ぎ口が細く少しずつしかお湯がでないので、普段の料理には少し使い勝手が悪いのがネックですね。

おすすめは、僕も使っている±0(プラスマイナスゼロ)というブランドの電気ケトルです。お湯を沸かす機能は他の電気ケトルと同じなのですが、注ぎ口が細すぎず太すぎず、絶妙な細さ(ティファールとBRUNOの中間くらい)になっていて、ドリップにも料理にも使える万能選手です。ステンレスの見た目もオシャレですし、価格も定価で5000円前後ですので、電気ケトルの価格としてはそれほど高額でもありません。

・・・が、残念ながら現在はメーカーの生産が終了しているみたいですね。注ぎ口の形状が似ているものは「レコルト」というブランドから出ているみたいです。

適当なコップ

別にコップでもマグカップでもいいんですが、飲みたい分量のコーヒーをドリップし終わった後に、ドリッパーをどこか別の場所に移動させる必要があります。その時、余ったお湯(薄いコーヒー)がぽたぽたと落ちてしまいますので、それを一時的にためておくコップが必要になります。(詳しくは実践編の記事で解説します)

我が家では、モロゾフのプリンを食べ終わったガラス瓶を使っています(笑)


スポンサードリンク

せっかくなのでそろえたいもの

ここからは、必ずしもなくても大丈夫だけど、買うとコーヒーライフが捗るものについて説明します。

コーヒー用の計量スプーン

価格:¥100前後~

コーヒー1杯分の豆の量を量れるスプーンです。初めてコーヒーを淹れるときはどのくらい豆を使ったらいいのか分からないと思いますが、これはスプーン1杯=コーヒー1杯なので、豆の量に迷うことがありません。また、コーヒー専用の計量カップをひとつ買っておけば、使うたびに洗わなくて済むので手間が省けます。

プラスチック製のスプーンは値段も安いので、ドリッパーなどを購入するのと一緒に買っておくといいと思います。(僕は東急ハンズで50円くらいで買いました)

ちなみに、一杯のコーヒーに使う豆の量はだいたい10~13gくらいです。慣れてしまえば豆の量を感覚で量れるので、不要な人は不要かもしれませんね。

コーヒーサーバー(ピッチャー)

価格:¥1,000前後~

コーヒーを一度に数杯淹れるときに必要な道具。ガラス製のものが多いみたいです。

一人暮らしで、一度に一杯しか飲まない!という人はなくても大丈夫ですが、他の人と一緒に飲むときには必ずあったほうがいいでしょう。人に振舞うのも、ハンドドリップコーヒーの楽しみの一つです。

せっかくハンドドリップコーヒーを覚えるんですから、ぜひ美味しいコーヒーを人に振舞ってみましょう。手で淹れるコーヒーは友達や女の子ウケもいいですし、ちょっとしたカフェのマスター気分になれますよ(笑)

コーヒーサーバーには電子レンジに対応したものとそうでないものがあります。電子レンジに対応している方が便利といえば便利ですが、僕の場合はたくさん作ってもだいたい他の人と一緒に飲むので余ることはあまりないですし、余ってもほかの保温容器に移してしまうことが多いので、電子レンジで温めなおすことはほとんどありません。

以上、ハンドドリップコーヒーに必要なアイテムをまとめてみました。実際にコーヒーを淹れる方法は実践編で解説していきますので、よければそちらも読んでみてください。

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*