「平成の忍者」の画像は?被害や手口、写真や目撃情報も気になる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「平成の忍者」なる男が、窃盗の容疑で逮捕されたようです。

ちょっとカッコイイネーミングですが、窃盗を繰り返していた男を警察の捜査員が追う際につけた名前のようで、

その見た目が黒ずくめで、周囲を警戒しながら行動する様から「平成の忍者」と名付けたそうなんです。

そんな名前が付いてしまうほど、手口が鮮やかだったのか?どんな被害があったのか?どんな姿なのか?気になったので調べてみました。


スポンサードリンク

「平成の忍者」の正体

今回逮捕された「平成の忍者」は、大阪市に住む74歳の男性。職業は忍者・・・ではなく、無職とのこと。

74歳とはかなり高齢で驚きですが、2009年から8年間に渡って窃盗を行っていたので、

「平成の忍者」は66歳の頃から盗みを働いていたことになります。なかなか長いことやってましたね。

被害額・被害内容

8年間にわたって繰り返してきた窃盗は、なんと合計で254件にものぼるとのこと。

被害額はおよそ3,000万円で、8年間で平均すると375万円。

20代のサラリーマンくらいは稼げていますが、この額だったら逮捕されるリスクを考えると普通に働いたほうがよかったんじゃ・・・と思いますね。

本人は警察の取り調べに対し「働くのが嫌で、盗人したほうが早かった」と容疑を認めているようです。

供述からすると、窃盗の他に収入はなかったと思われますので、「平成の忍者」は窃盗を繰り返していた割にはおそらく質素に暮らしていたのではないかと予想できますね。

なんとなくイメージと合いますが。

窃盗の手口

「平成の忍者」は先ほど書いたとおりかなりの高齢ですので、アニメなどの忍者のように身軽に飛び回ることはおそらく難しかったのではないかと思います。

実際には、黒ずくめで目立たないように行動し、格子を外したり、ガラスを割って建物に侵入し、窃盗をしていたようです。

スポンサードリンク

画像・目撃情報

「忍者」と呼ばれるだけあって、一番気になるのはその服装ですよね。

筆者が目にしたニュースでは「全身黒ずくめ」とのことだったのですが、その姿を捉えた写真はあるのか?調べてみたところ、防犯カメラに写っていたようです。

防犯カメラの写真

「平成の忍者」は犯行の際、防犯カメラに写っていたことがあるそうです。


ネットでは早速話題に

そのキャッチーなネーミングから、SNS利用者などネットユーザーの間では早くも話題になっている模様です。







スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*