Macで保存先フォルダをスピーディに指定する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Macで作業していると、ファイルを新規作成したり、別名で保存したりする時に保存先を聞かれます。
ただ、アプリがデフォルトの保存先として聞いてくるのは普段あまり使わない場所であることが多く、保存したい場所まで辿っていくのは面倒ですよね。

今日は、必ず必要だけどちょっと面倒なファイル保存先の指定をスピーディにする方法をご紹介します。

※今回は、Mac限定の記事です。


スポンサードリンク

まずは基本

Macあんまり使い慣れてない・・・という方向けに、基本的な指定方法を説明します。

Macでは、保存先を指定する際に簡易的なメニューしか表示されない場合がよくあります。これだとドロップダウンメニューからしか場所を選べないので、フォルダの階層移動ができずに不便です。

デフォルトのフォルダ指定ウィンドウ。これだと限られた場所しか指定できない

Macやパソコン自体に慣れていない方だと「こういう保存の仕方しかできない」と思ってしまい(実際に私がそうでした^^;)、保存した後わざわざFinderを使ってファイルを移動していました。

保存先を細かく指定するには、下記の▼ボタンをクリックします。

すると、下にメニューが広がって、自由にフォルダ間を移動して指定できます。

本来はデフォルトでこの表示がされているべきなのですが、見た目のスマートさを優先したのか、Macでは簡易的なメニューがデフォルトで採用されているようですね。


スポンサードリンク

問答無用でデスクトップ

MacはFinderやファイルの保存など、フォルダを操作するアプリを使用しているときに、「Command+Shift+D」のショートカットで、すぐにデスクトップを開くことができます。

これを使って、ファイルの保存画面になったらとにかく「Command+Shift+D」を入力することで、ファイル保存時に判断をしないためスピードアップが図れます。

いったんデスクトップに保存したら、Finderアプリで保存したい場所に振り分けましょう。

「最近使った場所」

何かアプリを使って作業しているときは、同時にFinderウィンドウも立ち上げて作業をする方が多いと思いますが、ファイルを保存する時に最近開いたフォルダを指定することができます。

ただし、コピーや移動・ファイルの作成など何かしらのアクションをそのフォルダで行った必要があり、ただFinderでフォルダを開いただけでは「最近使ったフォルダ」の一覧に表示されないようです。そこが少し不便ですね。

ドラッグ&ドロップ

実は僕が一番おすすめしたいのがこの方法で、仕事でもこの方法で保存先や参照元を指定することがよくあります。

例として、Safariで画像をダウンロードする作業で説明します。

Finderで保存したいフォルダを予め開いておき、Safariでダウンロードしたい画像を右クリックして、「イメージを別名で保存」を選びます。

保存先を指定するウィンドウが開くので、Finderで開いておいたフォルダをドラッグ&ドロップします。

フォルダをドロップするとそのフォルダが移動してしまいそうですが、Macではそうはならずに、保存先をドロップしたフォルダに指定してくれるのです。

この方法は非常に便利で、画像や文章など、既存の複数のファイルを組み合わせて作業をする時に重宝します。

以上、Macのちょいテクをご紹介しました。一緒にMacを使いこなして立派なマカーを目指しましょう。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*