Matepenのボタンに機能を自由に割り当てる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Matebookのオプション品で、筆圧感知やパームリジェクションに対応しているMatepen。ボタン設定の自由度が低いのが少し不満でしたが、Wacomのドライバを入れることで使い勝手が良くなりました。


スポンサードリンク

OS標準の設定では、ボタンに割り当てられる機能の選択肢が少ない

実はMatepenはWacomのAES(アクティブ静電結合方式)をベースに設計されていて、Wacomが同技術(Wacom feel IT Technologiesというらしい)を搭載したデバイス向けに無料で配布しているドライバと互換性があるようです。

Wacomのドライバをインストールすると、ペンのサイドボタンに対してキーストロークや好みのアプリ起動などの好きな機能を割り当てることができるようになったり、ペンの側の電池残量を画面で確認することができるようになったりと、使い勝手が向上します。

今日は、そのドライバをインストールして使えるようにする方法をまとめました。

Wacomのサイトからドライバをダウンロードする

Wacomの公式サイトから、Wacom feel ドライバをダウンロードします。

ダウンロードページ

リンクに飛ぶと、ダウンロードサイトの案内があるのでクリック。

ダウンロードページは英語になっています。

ドライバのインストール

Wacomのサイトからダウンロードできたら、Matebookにドライバをインストールします。

再起動を求められるので、再起動します。

再起動して「最近追加されたもの」に「ワコムペン」の項目が追加されていれば、インストール完了です。


スポンサードリンク

設定を変更する

ドライバをインストールしたら、自分好みにカスタマイズしましょう。

先ほどの「ワコムペン」を起動します。

まず、タスクバーにアイコンを表示するところにチェックを入れます。 ペアリングがまだの場合は上の青いボタンから行います。

ボタンの機能割り当ては、ペン先が画面に近い(描画中)か否かで、ボタンを押したときの動作が分かれます。 ペンが画面から離れている時は、シングルクリックとダブルクリックとで割り当てる機能を分けることができます。

画面からペン先が離れている時の機能割り当て一覧。OS標準と比較すると「キーストローク」の選択肢が追加されている。

描画中の機能割り当て一覧。マウスのクリック機能を持たせることができるほか、キーストロークも自由に割り当てることができる。

電池残量をステータスバーに表示する

まず「タスクバーのバッテリステータスを表示する」にチェックを入れます。

チェックボックスをONにすると、タスクバー電池残量が表示されます。縦向きのアイコンがMatepenのバッテリー残量です。

バッテリー残量が隠れてしまう場合は、図のようにドラッグすると、常にタスクバーに表示させておくことができます。

アプリ毎の機能割り当てはできない

以上の方法でドライバをインストールすれば、MatePenの使い勝手がかなり良くなります。

しかし、Wacomのペンタブレット(Intuos、Bamboo、Cintiq)には敵わないと感じたのが、アプリ毎の機能割り当てができないことです。

Wacomのペンタブレットドライバは、かなり細かいところまで設定できるようになっていて、例えばPhotoshopではボタンを押しながらペンを走らせれば消しゴム、Illustratorでは画面スクロール、といった具合に、起動しているアプリ毎にボタンを押したときの挙動を分けることができます。

今回紹介したWacomドライバの設定では、それはできません。ボタンに消しゴム機能を割り当てたら、そのボタンはどのアプリでも消しゴムとしてしか動作しません。

ただ、MatepenやSurfaceなどのタブレット用ペンは、筆圧感知やパームリジェクションはもちろん、描き心地などハード的にはかなり進化を遂げています。ドライバでWacomタブレット並に設定が細かくできるようになれば、Wacomの液晶ペンタブレットに匹敵する使いやすさになるのではないかと感じました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*