話の膨らませ方と、話を理解してもらうための心構え

「脳が冴える15の習慣」の読書メモです。

 

今日は「表現力を高める」という項目を読みました。

自分に質問してみる

「地元の名産品or好きな郷土料理」「この10年で私はこう変わった」「学生時代の通学経路」

上記の3テーマのいずれかで話をするとしたらどうするか。

日常的に上の3つのテーマで人に話をすることはなかなか無いので、強制的に「慣れない話」をすることになりますね。

そういった場合、脳は活発に働かざるを得ないので、脳には非常に良いそうです。

慣れない話を分かりやすく話すためには、自分が相手から質問されることを想定し、その答えを軸にして話を組み立てるといいそうです。

たとえば、地元の名産品だったら「味はどんな感じか」「なぜそれがその土地の名産なのか」などなど、相手が知りたいであろう質問を想像し、それに答えるつもりで話を考える。

それをメモして話を膨らませていくと、普段話し慣れていないテーマでも筋道の通った話がしやすい。メモなしで、頭の中でそれができればなお良い。

まずは相手の立場に立つ

人に話が伝わらない時、人は「聞き手が悪い」と思いたくなってしまいがち。

しかし、話をする側が聞き手のせいにしてしまうのはナンセンス。「自分は相手の立場にたって話すことができません」と自ら言っているようなもの。

同じものごとを見る時でも、立っている場所によっては違うように見える。まずは相手の立場に立ってみることを心がけ、その視点から話し方を考える。

また、相手に自分の立場に立ってもらえるよう、自分の立ち位置を説明することも重要。

 

話す力を高めるには、質問されるべし。

「脳が冴える15の習慣」の読書メモです。

今日は「話す能力を鍛える」部分について読みました。

内容をざっくり解釈して文章にしてみます。

まずは質問されることから

筆者の築山先生の奥さんは、子どもが家に帰ってきたら、「学校はどうだった」「その友達はどんな人なの」と質問をするそうです。

そうすることで、気がつくと子供は長い話を知らず知らずのうちに話し、それが話す能力を高めることにつながる。

同じように、話す力が衰えている人は、まず聞き上手な人にいくつか質問をされ、それに答え、最後に複数の質問の答えを人つの文章にまとめて話す。

そうすることでだんだんと話す能力が育っていくらしいです。

それど同様に、自分で作成したメモ(話す内容のキーワードを断片的に記した物)を見ながら話を組み立てていくことも、話す力の向上に役立つそうです。

イメージから言葉を話す能力

「質問」や「メモ」は、あくまで言葉。

言葉ではなく、写真や風景などのイメージから、自分でキーワードを抽出し、それを文章にする。

これは1ランク上のトレーニング方法で、イメージ力や表現力がアップし、脳の能力を高めるのにとても効果的だそうです。

具体的には、自分て撮ってきた写真を人に説明する。その時なにがあったかや、どういった経緯で撮ったのかなどをエピソードとして話すと、イメージから言葉を抽出する能力が高まるんだそうです。

カントリーマアムのCM、歌は誰が歌っているの?女優さんも気になる!

カントリーマアムっていつ食べても美味しいですよね。

子供の頃初めて食べた時の驚きは今も忘れられません。

それ以来、クッキーの中ではカントリーマアムが一番好きです。

さて、そんなカントリーマアムですが、最近CMをけっこう目にしますよね。

可愛い女優さんとほっこりするテーマソングで印象に残った方も多いのではないでしょうか。

「しばらく食べてないけど、思い出したら食べたくなってきた」と思わせるような、良いCMだと思います。

では、印象的なCMソングを歌っているのは誰なのか?女優さんも気になったので調べてみました。

続きを読む

記憶力を高めるためには「出力」を前提とした「入力」を

「脳が冴える15の習慣」を通読中です。

毎朝音読をしているのですが、その中で出力の重要性について言及されていたので、メモしていきます。

今日読んだ部分を自分なりにまとめると

  • 目のフォーカス機能を使うと脳の切替え能力が上がる
  • 出力を前提としてアウトプットせよ

ということになります。

続きを読む

ラーメンショーの混雑状況2017!予算の相場や駐車場情報など!

今年も東京ラーメンショーが開催されますね。

筆者もご多分にもれずラーメン大好き日本人ですので、今年も参戦する予定です。

しかし、毎年とても混雑するので、できればなるべく空いている時間に行きたいんですよね。

そこで、狙い目の時間帯や日程などを調べてみました。

また、東京ラーメンショーを楽しむためにいくら必要なのかや、駐車場などのプチ情報もお届けします。

続きを読む

怖い絵展×ロペ、グッズの価格や種類は?コラボ内容も気になる!

2017年10月7日(土)から、上野の森美術館で「怖い絵」展が開催されます。

開催前の企画として、なんと「めざましテレビ」でおなじみのアニメ「紙兎ロペ」が、今回の「怖い絵」展とのコラボグッズを販売することが決定しました。

なんとも意外な組み合わせですが、異色のコラボだけに注目を集めているようです。

個人的にも気になったので、その内容を調べてまとめてみましたので、興味ある方はぜひ御覧ください。

続きを読む

東京タワーのハロウィンナイト、日程はいつ?時間や料金、混雑状況も!

今年もハロウィンの時期がやってきます。

ハロウィンといえば、SNSの普及やコスプレのブームも相まって、すっかり日本にとっておなじみのイベントになりましたね。

各地でハロウィンのイベントが開かれるようですが、東京タワーでも毎年ハロウィンのイベントが開催されています。

毎年恒例のコスプレイベント「なりきりハロウィン」に加え、今年はプロジェクションマッピングで会場を彩る「ハロウィン・マッピング」が初開催されるそうです。

大盛り上がりが予想される今回のイベントについて、日程や料金、混雑状況などの情報をまとめました。

続きを読む

限定免許を高齢者に?制限や追試の内容、三つの分科会とは?

「限定免許」というワードが話題になっていますね。

昨今の高齢ドライバーの事故増加を受け、高齢ドライバーに対して、実車試験(追試)や限定免許の導入が検討されているそうです。

年々、日本は高齢化に伴いドライバーも高齢者の割合が高くなってきているので、今回のような動きはこれからますます加速していくと思われます。

限定免許は試験はまだ実施するかどうかを検討する段階のようですが、実施の可否を検討するために、警察庁は有識者による「三つの分科会」を設置することを決めたそうです。

限定免許自体は既にある

限定免許は高齢者に限ったことではなく、車種に対しての限定免許は既に日本で運用されています。

よく知られているのは「AT車限定免許」「普通自動二輪車小型限定免許」でしょうか。マニュアル車が運転できないAT車(オートマ車)限定免許と、小型二輪の限定免許ですね。

その他にも、「ミニカー限定免許」や「マイクロバス限定免許」なんていうのもあるそうです。

高齢者向けの限定免許とは

では、高齢者向けの限定免許とはどんなものなのでしょうか。

先述の通り、高齢者向けの限定免許はまだ警察庁が導入を検討している段階であるため、どのようなものになるかは分かりませんが、「安全運転サポート車」のみ運転することができる限定免許になるのではないかと推測できますね。

安全運転サポート車

安全運転サポート車は「セーフティ・サポートカー」とも呼ばれ、機械・コンピューターによる安全運転をサポートする技術が搭載された自動車のことです。

同車に搭載される機能は、下記のように定義されています。(経済産業省HPより引用)

ワイド 自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置※1
車線逸脱警報※2、先進ライト※3
ベーシック+ 自動ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置※1
ベーシック 低速自動ブレーキ(対車両)※4、ペダル踏み間違い時加速抑制装置※1

※1 マニュアル車は除く。 ※2 車線維持支援装置でも可 ※3 自動切替型前照灯、自動防眩型前照灯又は配光可変型前照灯をいう。 ※4 作動速度域が時速30km以下のもの ※5 将来、技術の進化や目的に応じ、「安全運転サポート車」の対象装置の拡大を想定 ※6 このほか、高齢運転者による事故の防止に効果がある技術についても、各社の判断で安全運転サポート車の機能として追加し、普及啓発に活用することができる。

実車試験を含めた追加の試験の内容

実車試験を含めた高齢者に対する追加の試験については、その内容や実施の有無についても検討中のようです。

既に英国やドイツなどでは時間・場所を限定した免許制度が既に導入されているようで、それも調査し、参考した上で議論が進められるようです。

具体的には、下記の「三つの分科会」に関する3つの分野に分かれた内容になりそうです。

有識者による「三つの分科会」

「三つの分科会を設置」なんて聞くと新たに委員会が発足したように聞こえますが、以前より警察庁は「高齢運転者交通事故防止対策に関する有識者会議」を設置し、議論を重ねてきました。

今回は、それをより具体的な段階に進めるため、分野ごとに分けて議論や調査を進めるという事のようです。

三つの分科会は、下記の3つに分けられるようです。

  1. 初期の認知症など認知機能の低下に応じた対策
  2. 高齢者講習への視野検査の試験導入など視野障害への対応
  3. 運転リスクの特に高い80歳以上の実車試験や、高齢運転者の運動能力に応じた限定免許の導入の可否

長いのでそれぞれを要約すると下記のようなになるかと思います。

1.認知力の低下や認知症への対策

認知機能と安全運転の関係に関する調査研究の実施や、 認知症の早期診断・早期対応。

要するに認知症をはじめとする脳の判断や選択する機能の低下に対しての対策ですね。

2.視力低下・障害への対策

高齢者は若い時に比べて視力も低下しますね。

そのため運転と視力の関係性をより深く調査・研究し、対応策を練ることが求められているということでしょう。

3.高齢者の運転制限について

上記のような高齢者特有の問題を踏まえて、免許制度を変更していく必要があるのか。

また変更する場合どのようなものにするのか。自動車の技術も絡んで議論する必要がありそうです。

将来的には自動運転の方向へ?

最近は自動車のCMで、安全技術にフォーカスしたものがよく流れるようになりましたね。

追突しそうになった時に自動でブレーキがかかる機能や、アクセルとブレーキを踏み間違えても急発進しない機能とか。自動運転技術をアピールするCMもよく目にしますね。

判断基準が確立されていれば、機械の判断は人間よりも正確で早いですし、疲れ知らずです。「安全運転」を追究していくと、最終的には「自動運転」という結論になるのかもしれませんね。

もし日本中の車が正確な自動運転になったとしたら、事故の件数は激減しそうです。「昔は自動車を人間が運転していたことに驚く」なんていう時代がきたら面白いですね。

今回話題にした、高齢者に対する限定免許が実現するとしたら、それは将来的な「自動運転化」へのステップなのかもしれません。

「DESTINY」作曲した作曲者は誰?作詞した作詞家も!

KinKi Kidsの新曲「DESTINY」が、2017年10月7日(土)から毎週17:30〜放送されるTVアニメ「タイムボカン 逆襲の三悪人」の主題歌になることが決定しました。

KinKi Kidsといえば、常に音楽シーンの最前線を走ってきたアーティスト。デビューから20周年という節目の年、2人がどんな楽曲でアニメを盛り上げるのか、注目が集まっているようです。

続きを読む